テーマ:自然学習園

【夏休み企画】 夏休み潟先案内 

夏の福島潟は花盛り! ハス、アサザ、コウホネ、ガガブタ、ヒシ そして オニバスも  自然学習園では福島潟に咲く花を身近に観察することができます。 ボランティアガイド潟先案内人の方々が一緒に歩いて解説してくれますよ。 日時 8月7日(水)~8月17日(土)(8月13日を除く)     午前9時30分~午後3時30分(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】春の潟先案内実施中

菜の花からサワオグルマへ 黄色い花のリレーが進む福島潟です 今年もボランティアスタッフによる潟先案内が始まりました。 福島潟が大好きなねっとわーく福島潟のスタッフとお散歩しましょう 所要時間は30分から1時間程度です 日時 4月24日(土)~5月6日(月振)     午前9時30分 ~ 午後3時30分(最終受付) 随時 集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【夏休み企画】夏休み潟先案内

絶滅危惧種オニバスをボランティアガイドと見に行きましょう! 日時 8月7日(火)~8月16日(木)(8月13日を除く)     午前9時30分~午後3時30分(受付終了) 場所 集合は、潟来亭前(のぼりが目印)     案内場所は、自然学習園の池 内容 所要時間は30分から1時間程度     お申し込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年3月24日(土)自然学習園の春一番の作業日

風はまだ冷たいのですが、青空の見える良いスタートになりました。 枯れ草刈りをした池の周りは、散髪あとのようにさっぱりしました。まだサワオグルマのつぼみはかたく、柔らかい綿毛に包まれていました。 汚れた長靴を洗う時に見つけたニワトコのつぼみです。 (もじゃこ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《今年のハスは、チョット変》

7月2日(土)蒸し暑い 今日の作業は、先週と同じく草刈りと水路のマコモ取りでした。 気温の高さ、湿度の高さが身にこたえる作業日となりました。 担当した水路整備は、水路を埋め尽くしたマコモを刈り取る作業です。 ”水の通り道”をあけ、見た目にも爽やかに感じられるようにと思いながら、体力の限界に挑みました。 カマで刈らず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《学習園開き》

3月26日(土)曇り空 《木道整備》 サワオグルマの黄色い花が、柔らかい葉っぱに包まれて咲いているのを見つけました。 仕事始めの今日は、古くなった木道を新しい木道に替える作業です。新しい木道の裏にそれぞれサインをしました。 大変な力仕事に、斎藤先生の教え子さん達の活躍は無くて はならない存在です。 朽ちてガタガタな泥んこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】福島潟バージョン「春の七草」 ご予約承ります

新春恒例 福島潟バージョン「春の七草」を 1月6日、7日にビューショップで販売します。 確実にお求めになりたい方は、ご予約をお願いいたします。 福島潟バージョン七草は セリ ナズナ → タネツケバナ ゴギョウ → ハハコグサ ハコベ ホトケノザ → サワオグルマ スズナ スズシロ これらは、福島潟周辺で採取するものです。 お正月のご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《植物観察同好会》

《6月の植物観察会》 6月14日(日)晴れ 今月の福井さんのミニ講義は「葉っぱについて」。 見慣れた葉っぱが 、聞き慣れない化け学で様々な働きをしている事を教えてもらいました。 先月休んだ間にできた観察記録用紙は、とても使いやすく、植物の状態まで簡単に記録出来るように考えてあり、感心しました。 最初のA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園作業》

5月23日(土) 晴れ コオホネ 《草刈り機 フル稼動》 作業に少し遅れて行くと、遠く近くから聞こえて来る数台の草刈り機の音が "ビヴィ~ンビヴィ~ン" と、まるでサーキット場のようでした。 その音に負けずにさえずるオオヨシキリ、のどかに聞こえるカッコウの声、伸びたヨシのそよぎに初夏を感じます。 久しぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然学習園はサワオグルマが見頃です

自然学習園がサワオグルマで黄色くなっています。 ご家族で写真を撮っておられたので、『モデル お願いしま~す!』とこちらのカメラにも笑顔で応えてもらいました。 みなさん、いまが花盛りです。菜の花の向こうの学習園まで足を運んでください。 今日は、オニバスの種まきもありました。 夏までにザリガニのハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】今年も 連休は福島潟で! 潟舟と潟先案内のお知らせ

舟で福島潟へ漕ぎ出そう  潟舟の体験乗船  手漕ぎの和船で、潟内の水生生物、鳥類、魚類を水面から観察することができ、  豊かな自然を体感するとともに、水との一体感を味わうことができます。 [運航日] 4月25日(土)・26日(日)・29日(水・祝) 5月2日(土)・3日(日・祝)・4日(月・祝)・5日(火・祝)・6日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園開き》

《サワオグルマが咲きました》 3月28日(土)晴れ 野焼きの延期5回。 粘り勝ちの晴天に、野焼きの炎はメラメラとヨシ原を焼き、待ち兼ねたカメラマンもうれしそうでした。 学習園の案内板が新しくなり、池にかかっていた橋の一部も修理されていました。 楽しみにしていたサワオグルマの黄色い花が3株ほど咲き、ミツガシワも緑の芽が伸び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園に春が来た》

3月8日(日) おひさまの暖かさに誘われて、自然学習園に春を探しに行ってきました。 春一番、目をひくのはオオイヌノフグリのコバルトブルーの愛らしい花でしょう。 ヒメオドリコソウも咲き始めました。 学習園の春を彩ってくれるサワオグルマは、木道わきの一株だけ蕾みをつけていました。 池の中のミツガシワは、これからぐんぐん生長して池を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

「七草なずな 唐土の鳥が…」 昨年の大雪がそのまま根雪となり、七草採取を心配しましたがお天気に恵まれて 今年も5日に採取することができました。 6日にパック作業をしました。 我が家の今朝の朝食は、もちろん“七草がゆ”でした。 「七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に ストトントンと叩きなせえ」 こんな文言を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島潟バージョン春の七草

みなさま 明けましておめでとうございます 事務局はのんびりムードで動いておりますが、 別室では、豊かな自然学習園を作る会の方々が福島潟七草の準備に追われています。 昨日、雪を掘って採集したとのこと。 今朝は早くから洗ったりゴミを取ったりの作業にかかり、 流れ作業でケース詰めに大わらわです。 どうです? みずみずしく新鮮な七草ができまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】福島潟バージョン七草 予約受付中

新春恒例 福島潟バージョン「春の七草」を 1月6日、7日にビューショップで販売します。 確実にお求めになりたい方は、ご予約をお願いいたします。 福島潟バージョン七草は セリ ナズナ → タネツケバナ ゴギョウ → ハハコグサ ハコベ ホトケノザ → サワオグルマ スズナ スズシロ これらは、福島潟周辺で採取するも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園作業》

10月4日(土)曇り~雨 《フキ・サワヒヨドリ等の移植》 今日は、除草作業が効率良く出来るように、七草園の植物の一部引っ越しをしました。 バシャバシャ降りのにわか雨にも作業を放棄せず、傘をさして最後まで植え替え中の仲間を、逃げ出した車の中から一枚パチリ。 ホカホカの腐葉土堆肥の中にはでっかい幼虫がいました。 大事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそ福島潟へ

9月27日(土) 秋の深まりってことは・・・ってことで、自然学習園最終水路脇のセイタカアワダチソウ群落にほんの少し挑みました。 茎がまっすぐなのでイベントのつりざお作りや、作品の材料に使えます。 太く根が張ったセイタカアワダチソウが、ビクともしない所もありました。 手の豆がつぶれたので軍手を二重に重ねて再挑戦。 自然の力強さに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそ福島潟へ

9月21日(日) 自然文化祭直前ぐるっと福島潟生き物チェック 写真説明「オニグルミ」(クルミ科) 定点観察の木。 果実が熟す秋。 「マルバルコウソウ」(ヒルガオ科サツマイモ属)つる生の一年草。後日(9月23日)自然文化祭の福島潟生き物カルタ体験コーナーでは「外来の赤いラッパのマルバルコウソウ」の札の際に、この写真提示もして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園作業・草刈り機》

9月20日(土) 9月23日の自然文化祭まであと数日。 今日も草刈り作業を頑張っています。 都合により作業に参加はできませんでしたが、チョロっと用で行った時に写真を一枚。 この草刈り機は刈った草が粉砕されるので草の後始末がいらないし、刈り跡がきれいです。 通路や平面が得意。 担当は“潟の万年青年” 松木さん。 キノコの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそ福島潟へ

9月14日(日) 福島潟でみつけた秋(その③) 写真説明「ガガブタ」(ミツガシワ科) 多年生の浮葉植物。 湖沼など浅い止水域に見られる準絶滅危惧種。 葉はハート形で7ー9月水面に、雪の結晶のような白い花をつける。 水底から長い茎を伸ばし、浮葉の少し下からが葉柄。 秋に葉柄の基部に小さなバナナの房のような殖芽をつけて越冬する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそ福島潟へ

9月14日(日) 福島潟で秋を見つけました。 写真説明「ヨシ」(イネ科) 出穂の季節。 2ー6メートルになる大型の多年草。 「オオヨシキリ」(スズメ目ヨシキリ科)や「ヨシゴイ」(コウノトリ目サギ科/準絶滅危惧種)などの子育てのすみかであり、ヨシズや笛など人の暮らしにも利用される。 「オナモミ」(キク科)つぼみが出ました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《植物観察同好会》

9月14日(日) 雨が降ったり止んだり、青空の暑い日差しに汗ばんだりという空模様の一日。 福井さんをリーダーとする同好会は、毎月第二日曜日を定例活動日としています。 潟来亭周辺、芝生広場周辺、学習園周辺にエリアを分けて観察し、記録をします。 先月はまだ目立たなかったタカアザミ は、人の背丈を超え特徴的な下向きの紫色の花を見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそ福島潟へ

9月14日(日) 福島潟で見つけた秋(その②) 写真説明「サワヒヨドリ」(キク科)と「アカタテハ」(タテハチョウ科)多くのチョウが蜜を吸いに集まっていました。 熱中していて接写が容易でした。 幼虫の食草「ケヤキ」など。 英名で「インドの赤い提督」と呼ばれるチョウです。 一方、英名で「青い提督」と呼ばれ る「ルリタテハ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自然学習園・本日の一枚》

9月13日(土)《学習園 秋の味覚》 福島潟で一番大きなイベント「自然文化祭」 気持ちよく楽しんでいただけるようにと学習園作業にも力が入ります。 今日は都合が悪く、一緒に汗を流せない代わりに、先週拾った栗と我が家の埋蔵銀杏で作った炊きおこわを差し入れ。 15人ほどのメンバーが汗を流していました。 みんなの活躍中の写真を撮れなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《軍手の花》

「学習園 作業の証し」 9月6日の作業で使った軍手を洗濯して干したら、こんな花が咲きました。 今日はお天気が良いので、夕方には乾くことでしょう。 きれいになった軍手で、また楽しく作業をしましょう。 あんまり見事だったので、一枚パチリ。 (もじゃこ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《学習園に若いパワー》

9月6日(土) 「モル先生 一年生をスカウト」 今日は高校生が多いと思ったら、モル先生が一年生を4人も連れて来てくれました。 今いる生徒さん達が来春卒業した後を心配していたので、とてもありがたく、うれしくなりました。 楽しんで続いてくれるといいな。 周辺の田んぼでは稲刈りもはじまりましたが、オニバスは花数も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学習園の植物

8月31日(日)晴れ 学習園の花たちは、秋へと色を変えています。 今が見頃のサワヒヨドリは秋の七草のひとつ、フジバカマと同じ仲間でとても良く似ています。 タコノアシはその名のとおり、少し色づいて茹でたタコの足に見えます。 マコモには穂がつき、ハッカはかわいい紫色のボンボンのような花が咲いています。 緑のイガイガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆花作りをしました。 & ビューショップで販売中(8月13日まで)

8月11日(月) 昨年の春、自然学習園の七草園に種をまいたオミナエシが想定外に大きく育ってくれました。 活動として毎年学習園のハスやヒメガマ、ミソハギでお供え用の盆花を作っていますが、今年はオミナエシも入れて少しカラフルになりました。 水の駅 「ビュー福島潟」一階のショップで販売し、収入は学習園作業時のお茶代になります。 夏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more