ようこそ福島潟へ

9月21日(日)
自然文化祭直前ぐるっと福島潟生き物チェック
写真説明「オニグルミ」(クルミ科)
定点観察の木。
果実が熟す秋。
画像

「マルバルコウソウ」(ヒルガオ科サツマイモ属)つる生の一年草。後日(9月23日)自然文化祭の福島潟生き物カルタ体験コーナーでは「外来の赤いラッパのマルバルコウソウ」の札の際に、この写真提示もしてみました。
今咲いてる情報に歓声が上がる花。
江戸時代に鑑賞用に日本へ来た。
画像

「クルマバッタ」(バッタ科)私はデカいバッタに出会いました。
飛ぶ時に後翅に模様があった記憶なので、トノサマバッタでなく、クルマバッタのメスかも。
産卵ガンバ!
画像

「ミゾソバ」(タデ科)自然学習園でも咲きはじめました。この日、久しぶりに「チョウゲンボウ」(ハヤブサ科)のつがいを見ました。先日も何かつがいがいた。住んでますね。
画像

「タカアザミ」(キク科)自然文化祭前なので、自然学習園最終水路周辺の茂みで園路整備しました。
するとヨシの茂みの中で負けじと育つタカアザミに出くわしました。
250センチ超えの今季観察した中で最大級。
パワーをもらいました。
画像

ーyumikー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス