潟舟最終日 1 「てら」の巻

8月31日潟舟最終日
朝の青空を見て、「この空の色は潟舟遊びでしょう!」と福島潟へ。
日差しが強いけど からりとした空気はやっぱり秋。
風はなく、水面は空を映して鏡のよう。
ワクワクします。
船頭さんよろしく! と  お客様と一緒に潟の中へ。
画像

風がなく、水面が穏やかで とろーりとしているようです。
画像

舟を進めると トンボたちが集まってきます。
オニヤンマも 大きな姿を見せてくれました。
画像

水路にはヒシがびっしりと茂り
手を伸ばしてひっくり返してみると ・・・
菱の実がついていました。
画像

まだ実が若く 手で割れるので さっそく皮をむいて試食です。
はじめは神妙だった同乗の子供たちも
水の感触や、菱採りにはまったようで 下船するころには指がしわしわになっていました。
画像



コウホネもまだ水面に黄色い花が見えます。花期が長いですね。
画像

コウホネの茎を 皮を残しながら互い違いに折って作ったネックレス。
「てら」は、サツマイモの茎で作った記憶があります。
画像

改築中の「国設福島潟鳥獣保護区管理センター(通称・雁晴れ舎)」。
9月中旬にオープンです。
福島潟自然文化祭では、新しい観察舎で福島潟野鳥の会が野鳥の案内をできる予定です。
画像


画像

一時間近く舟を操ってくれた船頭さんが、ほっと一服
画像


潟来亭前は、そばの花盛り。
画像


今年の潟舟の一般運航は、9月23日の「福島潟自然文化祭」で終了です。
秋も深まり、福島潟はまた違う表情を見せてくれることでしょう。
チャンスをお見逃しなく、お楽しみに!

事務局
てら


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0